試用期間退職をした人の転職を応援

試用期間に退職した人や職歴があまりない人の転職を応援致します。

プロフィール

sen1109

Author:sen1109
私も試用期間で退職、そしてキャリアもあまりない状態での転職活動をしました。その間は孤独との戦いです。履歴書に傷がある人、キャリアが浅い人はもちろん内定が出にくいです。私のサイトを通してそんな方が転職成功をしてほしいため立ち上げました。皆さん能力はあるのです。根気強く活動すれば必ず転職先は見つかります。

サイトマップ

2010年 04月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2009年 02月 【19件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【19件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【33件】
2008年 09月 【42件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【2件】

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試用期間での退職の前に

試用期間での退職を決意

皆さん試用期間で退職するということはその後の転職活動では相当厳しいものになります。
なぜその会社が嫌なのです?
・いじめですか?
・労働時間ですか?
・職場環境ですか?
・上司が理不尽ですか?
・同僚が最悪ですか?
・給料ですか?
・将来に不安を感じますか?
・この会社では能力を発揮できないと思いましたか?
・仕事内容が合わないですか?
・面接官が言っていたことと違っていました?
・退職に追い込まれました?

色々な要因が重なりますよね。
ここからは私個人の意見としては
本当にその会社が嫌なら早めに退職した方がいいです。特に試用期間とはお互いに見る期間です。嫌な仕事なら遅かれ早かれ辞めます。
友達に相談してもその苦しさは経験した人しかわかりません。
私は友達に
「もう少し我慢して続けたら」
「2、3年続けたら転職すればいいじゃん」
と言われました。ですが続けていたら自分がもっと惨めになるだけです。
私はすぐに辞めました。
私の退職理由とは
・上司が理不尽
・面接官が言っていたことと違う
・職場環境が最悪
・仕事内容が合わない
・将来に不安を感じた
からです。

退職までの経緯をまた御紹介します。
仕事は人生で大きなウェイトを占めます。それをよく考えてください。
スポンサーサイト

私の退職理由1.上司が理不尽

私が退職したまでの経緯をご紹介します。
1.上司理不尽


まず営業部として配属されました。
そこで入社時に「営業としてまずはみんなの営業先を何件か引き継いでそのサポートからはじめてそれから新規開拓もしてもらえればいいから」と言われました。事実引き継ぎ、サポートなんか一切なし。引き継ぎしたらその人も新規開拓しなければならないからです。

業務内容、営業方法もよくわからず新規開拓を強要される。そして新規での電話等がスタート。みんなは新規開拓なんか一切やらない。私一人だけです。
「電話掛ける前に私に開拓先リストを見せてね」と上司に言われ、
「その前に営業方法とテレアポ方法が知りたいです」と上司に質問。
一枚の紙を渡され、それをテレアポ時に聞いてねの一言。ふざけています。本当にふざけています。ですがここは我慢しました。
そのあと電話する先のリストを上司に見せました。「ちょっと忙しいからあとで見るね」と言われ、
待つこと1時間・・・3時間・・・・・4時間・・・・8時間 見てくれません。
というか忘れています。
その後も催促しましたが忙しいとのこと。
営業してくださいと言われても電話リストをチェックしてもらわないと電話できないんです。
もうあきらめて新規開拓しちゃいました。そしてアポイントが取れました。
その旨を上司に報告した時「何で勝手に営業するの?電話する前に私に見せてと言ったでしょう!」と怒られました。
上司はちなみに女性です。後に知ったのですが新規開拓なんかほとんど経験なし、つまり営業なんかほとんと経験なしの女性です。
私は上司に「昨日チェックしてくださいと言いましたが・・・」と言いました。
そしたら上司は「昨日は忙しくて見れなかっただけです。」
・・・・>嘘です。昨日は社内の人とずっと無駄話していました。

このまま口論していても仕方がないので謝りました。
その後上司に「では電話リストをチェックしてもらってもいいですか?」と聞きました。
上司は「どういうところに電話掛けたいの?大手の会社?中堅?小さいところ?」
私はテレアポ経験がありましたので先々のことを考え「大手に電話したいです。」と答えました。
上司:難しいよ。それは無理だよ
私:確かに難しいと思いますが先々のことを考えれば大手の新規開拓は必要だと思いましたので。
上司:いや~大変だよ。難しいよ
私:(おまえは一切営業しないからいいだろう)でもやりたいと思います。
上司:あら、そうなのでもまずは中小から電話したほうがいいよ。
私:(だったら質問してくるなよ。予め答えが決まってんじゃねーか)では中小企業に電話します。
  中小企業の電話リストをチェックしていただいてもよろしいですか?準備は済んでいますので。
上司:後でチェックするね
私:(あんたがチェックしないと電話できねぇーだろうが)はいわかりました。では私は何をすれば?
上司:もし暇だったら私の名刺を整理しておいてね。
私:(腐っている。本当に腐っている。)わかりました。
・・・・名刺整理しているとき上司はずっと無駄話をしていました。その時は本当にイライラしました。
上司の名刺整理中に先輩が得意気にエクセルで作った顧客管理リストを見せてくれました。
先輩:この表どう思う?なんか足りない部分とかあると思う?
私:きれいで見やすいですね(お世辞です。)
先輩:ありがとう。何か意見があったら言ってほしいだけど・・・。
私:(電話番号など所々重要な部分の記入がないじゃん)見やすくいいと思いますが顧客管理するのでしたら電話番号なども必要ですよね。もしもの時はこのリストを見ればすぐにお客様に連絡もできますし。
先輩:いやそれはこのファイルを見ればいいと思う。
→それは会社名と電話番号しか書かれていませんでした。
私:このファイルを見てもどんな会社かわかりませんよね。一つのファイルで電話からどんな会社かわかれば便利ですよね。
先輩:そうねぇーでもこのファイルがあるしね。それにいまからこのエクセル顧客管理リストに電話番号は入れるのは大変だし。
私:(簡単だろう!!!)いやここをこうすればすぐに出来ますよ。
余談:私はエクセルでの集計やグラフ作成などを経験していました。
先輩:いややっぱり大丈夫です。(ちょっと顔が歪んでいますが・・・)
私:そうですか。わかりました。(俺に意見を求めるな)

ただの自慢でした。本当に無駄な時間を過ごしたなぁー。その後ももくもくと名刺整理。
自分は何やっているんだろうと思いながら。営業したくてもできない。理不尽なことは言われる。
いまだに営業方法もわからない。社長は会社にいない。成長できない。そして私がすることすることに
監視の目がある。正直息苦しい。そう思いつつ名刺整理終わり
私→上司:名刺整理が終わりました。
上司→私:ありがとう。助かったわ
先輩→上司:そういえばAさん(営業で男性)帰ってこないですね。先週も出張で全然会社にいませんでしたね。聞きたいことがあるんですがどうすればいいですか?
上司→先輩:そうねぇー全然連絡ないわよね。報告がないなんて社会人失格だわ。
(私:あなたたちも社会人失格です。ていうか電話すりゃー済むだろう)
上司→私:あなたはどう思う。Aさん社会人としてちょっとおかしいよね。
私→上司:確かに報告は基本ですね。ですが私から何とも言えません。
(私:営業の人はちゃんと成績を出していればいいと思うが・・・。営業がずっと社内にいることのほうが問題だろう)
・・・・それからずっと愚痴です。社内は全員女性です。
もうこの会社の上司と先輩はだめだと思いました。

次は社内環境編をご紹介します。



私の退職理由2.社内環境編

私が退職したまでの経緯を引き続きご紹介します。
2.社内環境


社内環境が悪ければ長く続けたくても続けられないですよね。私は社内環境の悪さに退職したいという思いが強くなりました。
簡単にご紹介します。

・仕事一つ一つするごとに監視の目。
→私は上司と先輩の間の席に座っていました。電話を取るたび二人は横目でずっと私を見ています。
近いし息苦しい。でもこれは入社間もなければ仕方ないですね。でも圧迫感マックスです。

・人を平気で待たせて無駄話
→就業時間が終わりそろそろ帰る準備でもしようかなと思い、今日の日報を書いているとき上司にミーティングをするからと言われ、待つこと1時間・・・。ずっと無駄話です。上司にまだですか?と聞くとちょっとまだすることあるからと言われ待つこと2時間。この間ずっと世間話です。その後ミーティングが始まり終わったのが3時間後。仕事が残っているなら仕方ないが世間話をしている間、私はぼけーっとしていました。ちょっとイライラしましたね。

・上司が帰った後帰らないと次の日は不機嫌
→上司より先に帰ると気まずい雰囲気がプンプンしている社内。ある日我慢の限界で上司より早く帰った次の日は機嫌が悪く、「この書類の書き方がおかしい」とかで怒られました。あの~それは上司が事前にチェックして「問題なし」と言ったでしょう!?それは自分を否定しているのと同じですよと思いつつ謝りました。

・社内では悪口が日常茶飯事
→社内は全員女性です。でも外回りをしている男性社員の悪口をよく言っています。入社間もない時にそれを聞き失望しました。更に私に意見を求めてきて拒否すると不機嫌になる。この会社終わっている。

・社長がデート?
→社長は出張という名の海外旅行を楽しんでいる。更にほとんど会社にいない。理由は食事やデートというもっぱらの噂。確かに会社に来る服装がこれからデートに行きますみたいな感じがします。

・営業を強要。やり方は?もちろん教えてくれませんよ
→上司や社長は営業をしろと言ってきます。でも二人とも営業の経験なんか皆無だからやり方がわからないですよ。それで現在のお客はどのように取ってきたんですか?やり方を教えてくださいと聞くと紙一枚渡されるだけ。新規開拓は自分一人だけ。この会社はもう・・・・・。

・2007年 2008年離職率が100%
→社内での社員受け入れ体制があまりにもひどいのでそれぞれの方の在籍年数とたまたま過去の社員の履歴が見れたので見ちゃいました。その結果2007年から9人入って全員辞めています。離職率100%です。これはブラック臭がプンプンしました。

まだ色々ありますが結論としてこの会社の将来性と自分のキャリアアップに不安を感じました。人間関係もよくないので退職する意思を固めました。人に命令する前にまずは自分が行動。そうしなければ人は付いていきません。これはベンチャー企業のセオリーだと思います。
転職活動は厳しかったですが・・・・。

試用期間で退職はできるのか?

試用期間退職しても大丈夫かということで悩む方がいますが
問題なくできます。

試用期間とは雇用者と労働者のお見合い期間みたいなものです。
雇用契約は結んでいますが
退職日の2週間前までに退職願を出せば
例えその会社が辞めさせてくれなくても辞めれます。



試用期間で辞めたいといったら2週間後ではなく
では明日から来なくてもいいですという会社もあります。
案外あっさりしているものですから
その会社がどうしても合わないと思ったら早めに退職の意思表示をした方がいいと思います。
逆に試用期間が終わってから正社員になり
それからすぐ辞めるほうが双方に傷が残ります。


辞める時は
離職票
雇用保険被保険証
しっかりともらってください。
失業保険等に使うので・・・。

上記の資料を待ちながら次は転職活動です。
転職活動はお金がかかりますので要注意。


失業保険はまた後ほどご紹介します。

失業保険をもらいながら転職活動

前回の続きで
試用保険で辞めた後はできるだけ早く転職活動することをお勧めします。
空白期間が長ければ長いほど転職が不利になります。

では失業保険をもらいながら転職活動を行うということに関してご紹介します。

まず雇用保険の加入歴が1年以上の人ならもらえます。
それ以外は残念ながらもらうことはできませんのであしからず。

前職は試用期間で辞めて1年もないがもらえるかという疑問があると思います。
前職前前職での雇用保険加入歴が合計1年以上ならもらえます。
以前も失業保険をもらっていたなら話は別になりますが・・・。

まずはハローワークに行って申請するのですが
・雇用保険被保険証
・離職票
・ハンコ
・通帳
・写真
をもっていきましょう。

ここでハローワークに求職届を出さなければなりません。
そのためにも履歴書を書かされます。
あとは担当者の指示に従えば問題ありません。

ここで注意したいのが
失業保険は前職の給与のだいたい7割位が支給されます。
支給日は
自己都合で退職の場合
申請日の3ヶ月後から支給

会社都合で退職の場合
申請したその月から支給

となります。

退職後はすぐにハローワークに行ったほうがいいと思います。
失業保険をもらえなかった人はアルバイトでもしながら
転職活動を行う他ありません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。