試用期間退職をした人の転職を応援

試用期間に退職した人や職歴があまりない人の転職を応援致します。

プロフィール

sen1109

Author:sen1109
私も試用期間で退職、そしてキャリアもあまりない状態での転職活動をしました。その間は孤独との戦いです。履歴書に傷がある人、キャリアが浅い人はもちろん内定が出にくいです。私のサイトを通してそんな方が転職成功をしてほしいため立ち上げました。皆さん能力はあるのです。根気強く活動すれば必ず転職先は見つかります。

サイトマップ

2010年 04月 【1件】
2010年 02月 【1件】
2009年 02月 【19件】
2009年 01月 【30件】
2008年 12月 【19件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【33件】
2008年 09月 【42件】
2008年 08月 【24件】
2008年 07月 【2件】

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不況到来? 求人減少冷え込む「転職市場」

転職市場が、企業の景況感の悪化で冷え込んでいる。さらに、米国第4位の証券会社、リーマン・ブラザーズが経営破たんした影響で、「外資系企業を希望する転職者は減る」との見方が広がっているとのことです。就職氷河期が到来する可能性が高くなってきました。
誰もが内定をいただける時代に終りが・・・。
自分も大学卒業時は就職氷河期でした。それはそれはきつい・・・。
みなさんは就職氷河期になると思いますか?
自分はなるに一票です。


以下J-CASTニュース参照。
■求人数がこの夏に前年割り込む

  「A社の業績がすごい落ちている。応募も求人件数も去年から大きく減っている」

と話すのはある企業の幹部。A社は転職サイトを運営する大手転職仲介企業だが、どうやらここ1年で市場そのものが冷え込んでいるようなのだ。

 リクルートエージェントによれば、転職市場は景気落ち込みの影響を受けやすく、このところ求人数が縮小傾向にあるという。
  「ここ2か月ほどで求人数は落ちてきています。体感としては、去年(2007年)秋ぐらいからそういった傾向があります」

と話す。同社では03年秋以来、求人数が右肩上がりで伸びていたが、08年7~8月で前年割れに転じたという。企業の景況感の悪化で、求人を減らす傾向が影響を与えているようだ。一方、同社の転職サービスの登録者数は約1万2000人で大きな変動はないという。

 大手のエン・ジャパンも、

  「求人数は、今年の4月末くらいから、減少しています。その一方、応募者が減っていることはないので、1求人に対する応募は増加しています」

と、こちらも求人数が減少していることを明らかにしている。

 ただ、「求人数の減少」の流れに神経を尖らせている転職仲介企業もあるようで、毎日コミュニケーションズは「転職の動向については厚労省の資料を見て欲しい」(広報)と述べ、J-CASTニュースの「求人数は減っているのか」という問いへの回答を避けている。

■外資を希望する転職者は減る?

 厚生労働省が08年9月5日に発表した07年の雇用動向調査によれば、常用労働者のうち就職や転職をした人の割合を示す「転職入職率」は15.9%で前年を2年連続で割り込んでいる。特に「19歳以下」から「30―34歳」までの年齢層で0.5~3.8ポイントも前年を下回っており、影響が出やすいといわれる若年層を中心に転職市場が停滞している様子が分かる。

 さらに、リーマン・ブラザーズが9月15日に経営破たんした影響も転職市場に出てきそうだ。ある転職仲介企業社員は、

  「外資系企業は日本のマーケットに入り、すぐに撤退する。転職者にはこうした不安材料があるなかで、リーマンの破綻が影響して、外資を希望する転職者は減るだろう」

と予測している。「年収の高い外資系企業からの転職者が減るということになれば(会社の)業績にも影響する」(前出の転職仲介企業社員)ため、外資系企業における転職活動の停滞は、転職仲介企業に大きな影響を与えかねない状態だ。
スポンサーサイト

退職金が5年前より減少!?

なんと退職金減少しているらしいのです。2009年はもっと減少していくのでは?
でも公務員の退職金はあまり減少していないと・・・・。
なんか釈然としないですね。
でも退職金がない会社も多いのであるだけましか・・・・。
こういう考えになってしまうのもいかがなものかと。

以下時事通信社の内容を参照。
(1月1日現在、5937社対象。回答率68.2%)

厚生労働省が7日まとめた2008年就労条件総合調査によると、
勤続年数20年以上
45歳以上の退職者が支給された退職金(一時金や年金)
大卒者で平均2075万円

5年前の前回調査時より16.9%減っていることが分かった。
 退職金を勤続年数別にみると、定年退職が多く含まれる「35年以上」の場合、大卒平均は2335万円で10.6%低下した。最も減り方が大きい「25―29年」は1335万円と39.5%も下がった。一方、高卒(管理・事務・技術職)平均は1690万円で21.8%減、このうち「35年以上」は2001万円と14.4%低下した。
 退職金が減った理由について、同省は
(1)転職によって勤続年数が短縮する傾向がある
(2)退職金の算定基礎となることが多い退職時賃金が安くなった
などを挙げている。

派遣切り

やはりこういう現象が起きてしまいましたね。
派遣社員がもてはやされていた時代がありましたが、多くの人はこうなることが既に予想できたはずです。派遣社員の良し悪しはあるとは思いますが、もう一度雇用について問われる時代がきたんですね。これを機に変わってほしいと願います。



日比谷公園に「派遣村」、温かい年越し求め140人

派遣切り」や「雇い止め」で職と住まいを失った人たちの生活相談に乗ったり、住居をあっせんしたりする「年越し派遣村」が31日、東京・千代田区の日比谷公園で開村し、140人以上が訪れた。

 全労連などの労働組合や日本労働弁護団の有志、NPO法人など、約20団体で構成される実行委員会の主催。元派遣社員らは近くの銭湯で体を温めたり、もち入りの年越しそばを振る舞われたり。夜になると、大型テント内のテレビで「紅白歌合戦」を観賞した。苦しかった2008年が終わりに近づくと、ボランティアの人たちと声を合わせてカウントダウン。紙コップのお酒で新年を祝った。

 着替えなどを詰めたショルダーバッグを抱える元派遣社員の男性(31)は、9月末で寮付きの仕事を中途解約されたという。10月からは日雇い派遣で生活費を稼ぎながら、ネットカフェなどで寝泊まりしてきたという。「ここに来なければ野宿していた。本当にありがたい」と、おにぎりをほおばっていた。

12月31日20時32分配信 読売新聞より

派遣社員 派遣切られ包丁を持って六本木

東京・六本木の刃物男:「派遣切られうっぷん」 逮捕時、貯金5万円
 東京都港区の六本木ヒルズで包丁を振り回したとして銃刀法違反(所持)容疑などで現行犯逮捕された杉並区天沼3、無職、椎名賢次容疑者(28)が「12月中旬に派遣の仕事が切れて、仕事に就くあてもなくうっぷんがたまっていた」と供述していることを警視庁麻布署が明らかにした。

 同署によると、椎名容疑者は05年3月に都内の有名私大を卒業後、美術商店員などのアルバイトを転々とし、07年3月から派遣社員として働いていた。しかし、12月中旬に契約が切れ、契約の更新はされなかったという。逮捕時の貯金は5万円程度だった。

 椎名容疑者は30日午前、都内の大型量販店で洋包丁(16・5センチ)1本を購入。そのまま電車を乗り継ぎ東京メトロ麻布十番駅で下車。同日午後8時半ごろ、六本木ヒルズ近くの飲食店前で刃物を取り出し「派遣切り」と叫びながら包丁を振り回し始めた。さらに森タワー正面玄関前で「刺すぞこの野郎」などと叫び、駆けつけた同署員が威嚇発砲をして椎名容疑者を取り押さえた。

 六本木ヒルズで事件を起こしたことについて「人が多いところで刃物を持って人を脅かし、自分を誇示したかった」と話す一方、「逮捕されなければ誰かを傷つけていたかもしれない。不安に陥れ反省している」とも話しているという。

毎日新聞 2009年1月1日 東京朝刊より

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。